Plus value notebooks

Plus value 社長&NPO法人サイクリストビュー 理事長 森脇博史の業務録

昨日も疲れもありますが。

昨日の疲れが皆ありますが、今日は本業の現場がありました。

 

朝から大会の片付けは僕がして、スタッフは出雲で現場でした。

 

本日は、子育て系無料アプリ主催の家族撮影会の運営サポート。東京の企業様からの依頼です。今回は研修の意味もあって、依頼企業の社員さんの下で、運営です。

 

f:id:hakthakt:20200923195902j:plain

 

しかし、いろんな商売があるものです。無料撮影会ってどうして儲かるのか不思議ですが、その仕組みこそ依頼企業様のオンリーワンたる部分なんでしょうね。

 

で、次回以降は弊社スタッフ複数名のみで行う感じになります。上手くできるといいと思います。

 

お仕事ありがとうございます。

 

そんな1日でした。

感染予防対策をしっかりして、無事に開催できた。

コロナ禍の中ではありますが、NPO法人サイクリストビュー今年度初大会となる「出雲路センチュリーライド2020」を本日開催しました。

 

今年度大会は軒並み中止で、加えて7月中旬から再び感染拡大もあり、今回はまたしてもの中止も覚悟しましたが、運営に関わる約90名のスタッフもしっかり集まり、エイド等で関わる地元で皆様の中止要請がなく、感染予防対策をしっかり行い開催にこぎつけることができました。

 

 大会は、感染予防対策として受付時の検温は当然の事、「完全非接触」「ソーシャルディスタンス」「手洗い消毒の徹底」を基本3原則として開催。また、例年お手伝いいただく高齢者グループの皆様は全て参加を止めて頂き、高齢者の大会から隔離し、ほぼ60歳以下メンバーで運営を構成する。

 

f:id:hakthakt:20200920062711j:plain

 

過去最高の天気とコンディションとなった本日は、朝5時半にはスタッフが集まり準備を始めて、定刻通りにスタートとなる。

 

ウェーブスタートを採用し、一人ずつ30mの距離を取ってのスタートをしたので全員が出発完了するのに45分かかりました。その甲斐あって、走行中の混雑がなくスムーズに運営ができた感じです。


f:id:hakthakt:20200920072538j:plain


昼過ぎまでは何の問題もなかったですが、八雲町内で落車が1名あり、緊急搬送にもなりそれは残念でしたが、その方も夕方には奥様と元気にバイクを引き取りにお越しになりましたので、全体としては大過なく終了。

 

f:id:hakthakt:20200920152956j:plain

 

気になった、参加者のマナーですが、走行中は熱中症対策もあり、車間距離を取りながらマスクを外しての走行を勧奨し、エイドでは必ずマスクをする事を徹底。そして全エイドで手洗い消毒、飛沫防止シート越しに完全非接触でのチェック、補給食やドリンクのセットを行いました。この部分は参加者のマナーの良さもあってスムーズにいけたと思います。

 

f:id:hakthakt:20200924040551j:plain


スタートが長引いたのに、18時過ぎには最終参加者がゴールして、例年よりも早く18時半には解散となりました。参加された皆さんからも「楽しかった」との声が聞こえ、開催して良かったと思います。

 

f:id:hakthakt:20200923195212j:plain


これで、なんとなくですが「新しい生活様式」に対応した大会運営というものが見えてきたようにも思います。まだまだ完全ではないですので、次大会でも試行錯誤できればと思いますし、全国の観光協会さん、自治体さんから「どうすれば開催できるのか?」の質問にもお答えできる結果だったと思います。

 

しかし、この1カ月は毎日試行錯誤で寝れない日々でした。万が一出たら全ての責任を自分が持つ覚悟での挑戦。ですが信頼する仲間がいて、応援して頂く地域があって出来た事です。地道にやってきた甲斐がありました。この大会を踏まえて、真剣に、次年度は全て開催できるような気がします。

 

参加者の皆様、エイド対応施設(協会)の皆様、そしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした。そして、本当にありがとうございました。

 

そんな1日でした。

明日の準備に追われた。

明日が「出雲路センチュリーライド2020」大会当日なので、終日準備追われた。

 

朝は、それでも朝トレしてから始動。スタッフと斐川倉庫に大会で使用する機材を引き取りに行き、積み込み。そして会場である古江公民館前駐車場にて荷下ろし、設営。

 

13時半ごろにスタッフを残して一旦事務所に帰るも、すぐにとんぼ返りで、エイドの仕分け作業を数名でした後に、16時からの前日受付業務をスタッフに任せて雲南に向かう。

 

雲南市では塩田給水所、第2エイドと設営を行う。今大会はギリギリの人数で行うので、ここでの設営は僕一人。他に任せても良かったが、今回はコロナ対策する設営になるので、ベースだけは僕が作って、それを写メして共有する形にしたんです。

 

 

f:id:hakthakt:20200919170207j:plain

 

 

これが各エイドステーションの骨組みです。これに屋根をつけて、飛沫防止シートを組んで明日は感染予防を行います。加えて、手洗い消毒、ソーシャルディスタンスを徹底します。

 

設営から帰ったら、前日受付もほぼ終わりになっていた、前日受付で半数の方が受付完了したので、明日の当日受付は混まなくて済みそうだ。

 

そんな1日でした。

雨の中での作業になった。

日曜日の大会が迫ってきて、本日から大会コース整備に入りました。

 

出雲路センチュリーライドは、1コースのみですが160キロもありますので、2日はかかります。第3エイドで1日目、2日目を分けて作業を行うこととして、9時半過ぎにスタッフと事務所を出発。

 

途中は雨が降ったり止んだりではあったものの、それでも激しい雨が降る時間帯は少なく、曇りの中での作業が多かったように感じました。

 

昼休憩を挟んで、16時前には第3エイド付近まで到達。作業も予定通りでしたので、まぁ良かったですね。最後の方は結構な雨にもなったけど、大会当日がベストコンディションならここ2日間はしょうがないと思います。

 

明日も順調に作業が進むといいですね。

 

そんな1日でした。

段々と緩和になってきている。

ずっと待ち望んでいたイベント関係の規制が緩和に向かっていくようです。

 

今週末の19日(土)からイベントの人数制限が緩和されることが国から発表されました。業界としては本当に待ち望んでいたものです。

 

国はこれまでの様々な対策を取り国内外で研究を重ね、どこでどうクラスターが発生しているかもわかってきたようです。また、スパコン富嶽によるシュミレーションなどで、飛沫の範囲や何メートル空ければ大丈夫かわかってきており、それらこれまでの経験知見を踏まえての判断だとか。特に大声と換気が大きな影響を与えるので、そこでの区別だそうです。詳細は以下の通りです。

 

f:id:hakthakt:20200916114753j:plain

 

上記の判断なら、ロックコンサート的なものや、歓声を生む、サッカー、野球、格闘技などの興行以外なら大半が大丈夫ということになりますね。それなら、弊社に関わる部分は大半が開催可能になってきます。

 

であれば、今後予定されるものの大半が予定通り行われるはずなので、現場が昨年並みに戻ってきそう。待ってましたという感じです。

 

一応上記は、9月19日から11月末までは以下の内容で運用されるとか。その後もどんどん緩和が進み、以前と同じように早く戻ってほしいものです。

 

そんな1日でした。

秋季大会が始まったようだ。

朝トレで偶然大会を知ったんですが、高校野球は新チーム公式戦が始まったようです。

 

日課の朝トレは総合運動公園を周回するのですが、先週末辺りから高校生が野球場に出入りしていたので、何かあるらしいとは思っていました。

 

新聞でそれがセンバツに繋がる秋季大会だと知り、子供たちの母校はいつかなと思っていましたが、どうやら本日の第1試合のようです。

 

暇だったら、午前中出社オフにして、外野奥の遊歩道から観戦しますが、午前中から打ち合わせの連続なので、それは無理。

 

それでも、トレーニングで遊歩道に差し掛かった時に、開始直前の様子は確認できました。

 

f:id:hakthakt:20200914085510j:plain

 

春から復職された名物監督さんの新チームですので、期待もしたいですね。結果はどうやら承知で次戦に勝ち進んだようです。頑張ってほしいものですね。

 

そんな1日でした。

この土日も特に問題なく。

先週から始まった安定ヨウ素剤事前配布会は、この土日も開催されました。

 

 

この土日は、松江市鹿島支所、古江公民館にて連日開催されました。本日の会場は古江公民館。現場は社員とコアスタッフのみで運営しています。

 

f:id:hakthakt:20200917185932j:plain

 

どちらも弊社スタッフ6名で、問題なく対応しており、しっかり設営撤去と運営サポートできました。お仕事ありがとうございます。

 

そんな1日でした。